わたしはトートバックを愛用してある。さまざまな彩りやがたいのものを気づけば8個も持っていました。何故これ程持つことになってしまったのか?それは「使いやすいから」、こういう一言に絶えると思います。では、どんなところが使いやすいのでしょうか。大きくて分けて3つあると思います。それでは、口の開きが大きくて物をポンポンという入れ易いところです。ズボラなわたしには、逐一チャックやリンクを開け閉めするのはトラブルで、開け閉めのベネフィットがあるのに、開けっ放しではズボラがバレてしまう。いっそ弱いほうが清々しかったり行う。内が見えて気になる時はストールも乗せておけばいいです。これが大しておしゃれに思えたり行う。次に、自立こなせる所です。市販されている多くのトートバックは自立決める。ファブリックが厚めで、マチもある程度あるので、それが可能になって現れるのだと思います。敢然と安定して自立していてくれるので、中にデリケートなもの、たとえばお弁当などが入っていても安心です。また出かける時だけでなく、家で何かを収納する、たとえばルーム着なんてを入れておく、なんて使い方も自立するからこそ使いやすくなります。最後は、如何なる衣服にも、どういう年齢の人類にも、男女問わず、季節を問わず、馴染んでもらえる所です。市販されているトートバックは、さまざまな話題、彩りのものがあります。ことごとく自分に似合うものがあると思います。ポンポンものが入れられて、安定して自立していてくれて、馴染んでもらえる、トートバック。これからも私のコレクト増えてしまう。