昨年同窓会がありまして、自分って仲よし(女ばっかり)は参加しなかったのですが、次回同窓会ウェブページ(同窓生だけが登録して、見えるウェブページだ)に寄稿された撮影を見ながら、あらだこ〜だと自由自在話していたのです。中学生の習得以上、20ご時世以来風の同窓会だ。講習会や部活会みたいなちっちゃな大群はありましたが、学年全体の同窓会はついにだったので、当社にとっては習得以上見ていない人達が数多く参加していました。その面々の動画をウェブページで見ながら、誰々がオジサンになったとか教官変わってないとか、面白く語学を通じていました。自分達が人から何かを仰ることがない状勢だから、気楽にしゃべっていました。そうしてしゃべっているときに気づいたことは、気軽に全部当てはまるのはメンズに対してだけで、女は思い切り語学が慎重になるということです。その動画に映っているのは、当社と同じご時世の女らなので、その面々の変化は自分達の脱皮でもあります。否もしかして、その面々よりも自分のほうが大きく変化しているかもしれない・・、セルフを客観的に見るのは難しいですから。次回の同窓会には一緒に参加したいねと仲よしといった講話をしたのですが、ああいうふうに撮影におさまることを想像すると、ちょっと怖いだ。