いま、可愛らしく耳にするようになった女子力という座右の銘があります。女子力って何と考えるようになりました。こんな広告が存在するのはどうも津々浦々だけのようです。何故かって、日本の女性は階級を非常に気にしてしまうからだと思います。いくつまでにウェディング目指すとか、乳幼児を産みたいとか、あんな乳幼児が可愛らしく広がるようになりました。なので大切なのは、女子力に関してになるのです。女子力さえあれば、女性としての品位や探し求める可愛らしさ、一般を兼ね備えているように、自信を持って生きてゆくことが出来るのかなぁといった感じています。そんな時についよんです社説には、驚くようなチャットがあり、女子力という広告に関して再び考えさせられました。それは、とある発展途上国で暮す邦人女性の談話でした。女子力なんて広告には縁遠いような、必ずきつい環境下で日々の所為かつを送っていらっしゃる。それはずばり、あす自分の重要があるのだろうかと考えながら必死に生きていくのです。あまり辛い、困難ものではないんです。寧ろ、辛い実態を楽しんでさえいるかものの、しっとり見かけがあるのです。一体、こういう恵まれた日本で暮す女性は、カワイイ女子力はに振り回されているのだろうか、気付かされたように思いました。