新春に主人のうちにレクリエーションに行ったときのことです。主人のパパは本読みが大好きで、書斎で借りて来たり古本屋で買ったりして、各種ガイドを読んでいる。主によむのは現役に対するガイドとして、僕らにおけるひとつの現役体操を教えてくれました。それは、「あいうべ体操」という口の体操でした。口を大きく開けて、あー、いー、うー、べー(舌を生み出す)と動かすだけの体操なのですが、パパ曰く免疫が高まってインフルエンザの防御効果があるに関してでした。インフルエンザにかかりやすい状況もあったので、それからは家でやるように努めました。そのお陰かインフルエンザにはかかりませんでした。ちらっと気になってその効き目を、昨今自分でもネットで調べてみました。以外にもたくさんのサイトが命中し、あいうべ体操が世に大きく知られていることに驚きました。パパの言い出しでは、小学生で取り入れたら効き目があったってガイドに書いてあったに関してだったので、それとなく子やお婆さん向けなのかなぁとしていたからだ。サイトをひとつ見てみた店頭、インフルエンザの他にもたくさんのことに効果があるとありどんどん驚きました。いくつか挙げると、いびき、小表情、口臭、歯ぎしり、スキン炎、アレルギー性鼻炎、アトピーなどです。口が解き放ちっぱなしだったのが締め切るようになり、その結果、体に良い表現が動くのだそうですが、うつ病にも効くとあり、またまた驚きました。これからは家できちんと連日決めると思います。何とぞみなさんもお試し下さい。