洗濯でストレスが溜まることがあります。それは、靴下が片側行方不明になることです。そもそも、どうして靴下が行方不明になるのかを考えてみました。穴が空いて片方だけ捨てたのを忘れている。洗濯年代の裏に落ちていらっしゃる。前行方不明になった靴下が今更出てきた。脱衣位置以外の配列で脱いで、専ら姿を消す。洗濯品が多いと、洗濯年代の裏にちっちゃな被服が落ちることがあるそうです。ベランダやベッドの下に、靴下が片側落ちていることもありますね。では、どうすれば迷子を減らすことができるでしょう。洗顔、カサカサ、干し、維持ができる、靴下クリップというものがあるそうです。靴下クリップを使えば、洗う時も乾かす時もバラバラにならず、乾いた靴下はクリップを付けた通り維持できます。靴下クリップをくっつける面倒すら取り除きたい人間は、おんなじ靴下を山盛り買って履くようにしましょう。おんなじパターンの靴下しか持っていなければ、どれを組み合わせても済むわけです。靴下が迷子にならない為にも、脱いです靴下は自分で洗濯機会へ混ぜることが大前提ですね。わたしはさっさと靴下クリップを山盛り準備して、そしたら、おんなじパターンの靴下を買うように行う。めったに、根性を出して洗濯年代の背面もチェックしてみます。これで洗濯ストレスから提供罹ることを心から願います。